希望の塾小池百合子政経塾

小池百合子街頭演説

小池百合子政経塾
希望の塾

募集要項(締切ました)

東京大改革を目指して、
都政を学ぶ。

事務局からのお知らせ(必読)

・12/10(日)第1講開始時刻遅延のお詫び
12/10(日)第1講の開始時刻が受付の混雑により予定よりも約30分遅れてしまいました。
開始時間を大幅に遅れたことにより、塾生のみなさまへ多大なるご迷惑をおかけしました。
誠に申し訳ございませんでした。

・追加募集応募者への結果通知について
※追加募集応募者への第三回講義に関するメール通知は6日(火)以降となります。
11月28日(月)午後、追加募集の入塾審査結果を、応募の際申請いただいた住所宛てに「郵送」いたしました。(普通郵便ですので、到着までに数日を要する場合があります)通知を確認し、入塾内定の方は手続きをお願い致します。
応募した方で結果が届かない場合(あるいは、応募時から結果通知までの間に住所が変更となった方)は、応募時に申請した【氏名・住所(住所変更の場合は、併せて新しい住所)・電話番号・メールアドレス】を明記し、件名を【追加募集結果未着】として「お問合せフォーム」よりご連絡ください。事務局で確認後、結果通知を再度「郵送」いたします。

審査結果について、電話やメールでのお問い合わせにはお答えできません。また、審査内容や基準についてのご質問にはお答えしておりませんので、予めご了承ください。

・希望の塾第三回講義の連絡について
本日、塾生の登録メールアドレスに「希望の塾 第三回講義」の連絡メールを送信しました。ご確認をお願い致します。
届いていない場合には、【氏名・電話番号・事務局からのメールを受信できるメールアドレス】を明記し、件名を【第三回講義連絡メール未着】として「お問合せフォーム」よりご連絡ください。連絡メールを再送いたします。

・振込名義について
受講料の振込に「法人名義」を使用した塾生は、希望の塾HPの「お問合せフォーム」よりお振込みに使用した法人名と塾生氏名をご連絡下さい。
※振込が確認できない場合事務局からのお知らせ(メール)が届かないことがありますので、宜しくお願いします。

・電話番号について(期間限定)
電話番号は、070-6453-1332となります。
お問合せが非常に多いため電話が繋がりにくくなっております。
お急ぎの場合でも、繋がらない場合には、時間を空けてお掛け直しください。
事務局の電話番号は、塾生専用とし、電話でしか聞けない急ぎのものに限ります。
また、電話対応時間は午前9時から午後7時までとし、この時間以外の留守番電話へのメッセージは残さないで下さい。

・無料託児サービスの件
無料託児サービスをご希望される場合、「お問い合わせフォーム」よりお早めにお申し込みください。先着順とさせていただきます。

・塾生番号について
塾生番号に関しては、第三回講義以降に改めて通知いたします。

設立趣旨

「政治のことを、もっと知りたい」そう感じたときに、通う場所はあるでしょうか。あるいは「政治家になりたい」と思った時に、学べる場はどれだけ存在するでしょうか。

東京はいま、類を見ないほどの重大な局面を迎えています。首都として初めて経験する人口減少、世界一の速度で進む超少子高齢化、そして2020年に迎える東京オリンピック・パラリンピック…。

そんな中で行われた東京都知事選挙は、都民のみならず、多くの人々から注目を集めました。そしてその高まった関心は、「政治を学んでみたい」という期待となり、また「自分も政治家になってみたい」という想いへとなりつつあります。

政治のこと、経済のこと、地方行政のこと。あるいは政治家自身や選挙のこと。これまでは身近になかった知識に触れ、様々な人に出会うことで、これまでにない希望を見つけることになるでしょう。

主義主張や党派を超えて、改革を志す政治に関心を持った人々が幅広く集い、互いに学び合う。そのために創られたのが、ここ「希望の塾」なのです。

塾長挨拶

小池百合子

2016年7月の東京都知事選挙では、291万票余の都民の信託をいただくことができました。そして現在においても都政への注目度は非常に高く、いかに都民・国民の改革への期待が大きなものかを痛感する毎日です。

しかし、熱意だけで改革を推し進めることはできません。改革には緻密な政策や知識、そして何より、ともに実現に向かう同志が必要になります。そこでこのたび、「希望の塾」を開講し、志を同じくする人々が学び合える場を創設することと致しました。

これまでに見たことのない政治、東京大改革に向けて、ともに歩みを進めて参りましょう。

小池百合子サイン

小池 百合子
東京都知事
元防衛大臣、元環境大臣

募集要項(追加募集は締め切りました)

開塾式を終えた「希望の塾」について、「どうしても申込みに間に合わなかった」「塾のことを知ったときには締切りが終わっていた」など、非常に多くのお問い合わせをいただいています。
多くの人に政治の学び舎を提供する希望の塾としては、できる限り多くの方に門戸を開きたい意向から、期間限定で追加募集を行う運びとなりました。

追加募集で申込み・合格された方は、12月の講義からご参加いただくことができます。追加募集で入塾された場合でも授業料の減免はありませんが、2回の補講の受講、過去の講義動画を視聴をいただくことができます。

規約やスケジュールをご確認の上、問い合わせフォームから締切日までにお申込みください。お待ちしております。
※事務局からの連絡が迷惑メールに分類されてしまう場合があるため、info@koikejyuku.tokyoやドメインkoikejyuku.tokyoの受信ができるよう設定をお願いいたします。
※募集要項は、予告なく変更する場合がありますのでホームページを随時ご確認ください

講義内容 ・「都政改革」に関する具体的テーマについて
・「基礎学習」として地方自治制度、財政・税、待機児童、福祉・医療、議会・選挙制度
など、前半・後半に分けた二本立て構成を予定しています。

※講義内容・構成は変更される場合がございます

国や地方自治体の現状や課題とともに、これらを解決するために必要な知識・考え方を各分野の専門家から学ぶことで、塾生として政策提言が出来る素地を養います。
応募資格 東京大改革の理念に賛同し、政治を学びたい方を幅広く募集します。
18歳以上、日本国籍を有する方。
政党に党籍があってもお申込みいただけます。(事前の申告が必要です。)
都外在住の方、政治家志望以外の方でもお申込みいただけます。
スケジュール 第一期は2016年10月~2017年3月。
※追加募集の方も同様のスケジュールとなります。

講義は10/30(日)、11/12(土)、12/10(土)、1/14(土)、2/4(土)、3/4(土)の全6回で2時間程度。その他、意見交換や懇親会等の開催も予定しています。(講義とは別日程の場合もあります。)
※スケジュールや日程は変更される場合がございます
※追加募集入塾生は12月から受講いただけます。また、補修講義を2回行います
受講料 一般男性     5万円
女性応援特別価格 4万円
学生応援特別価格 3万円(25歳以下)
6回分すべての受講料が含まれています。
開塾式を含め過去の講義はアーカイブで閲覧をいただくことが可能です。
※追加募集で入塾された場合でも授業料の減免はありませんが、2回補修講義を行います
入塾の流れ お申し込み後、入塾審査を行います。
合格された方には、入塾手続きをご案内します。
※お申込み内容に虚偽が発覚した場合、退会となります。また、受講料をご入金いただいた後の場合、返金を行うことはできません。
お申し込み方法 下記のフォームへ必要事項をご記入ください。
郵送の場合は、希望の塾入塾申請書、および希望の塾入塾課題を印刷、ご記入いただき、宛名記入済の切手を貼った返信用封筒(長三)を同封し、「〒170-6001東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 1階 MBE 519 希望の塾 宛」にお送りください。
また、プライバシーポリシー入塾規則への同意が必須となるため、必ずお読みください。
締め切り 申込締切      11月18日(金)インターネットは23:59まで、郵送の場合は必着(締切ました)
政策立案 様々な調査やディスカッションを通じて、実際の政策立案に携わる機会を設けることを予定しています。詳細は入塾後、お知らせいたします。
その他 政治家を志望される方向けに、個別のサポートも検討しております。志望者には入塾後、お知らせいたします。

希望の塾規約

希望の塾規約

希望の塾 規約

2016(平成28)年10月1日制定

2016(平成28)年の東京都知事選において、都民は「東京大改革」を掲げる小池百合子を支持、当選させた。その数多の都民の期待に応え、希望の持てる政治・社会を構築するため、ここに「希望の塾」を創設する。

第1条(総則)
本塾は「希望の塾」と称し、事務局を東京都内に置く。

第2条(目的)
本塾は、小池百合子を塾長とする政治塾であって、政治・経済・社会の抜本的な改革に向けて有為の人材を育成することを目的とする。

第3条(運営)
本塾は、政治団体「都民ファーストの会」が組織する事務局をもって運営する。

第4条(選挙)
本塾は、人材育成に主眼を置いた組織であり、特定選挙において「都民ファーストの会」「小池百合子」の公認・推薦・支持・支援を塾生に約する組織ではない。また、本塾は特定選挙において公認・推薦・支持・支援を行わない。

第5条(塾生)
本塾の塾生は、第2条の目的に賛同する18歳以上の個人で、所定の入塾申込書を提出し、厳正な審査を経て入塾を認められた者とする。その身分は、開塾式の日から閉塾式の日まで継続する。

第6条(塾生の義務)
塾生は、その身分を有する期間において以下の義務を有する。
(1) 本規約の定めを十分に理解し、遵守すること。
(2) 本塾のカリキュラムに沿って講義に参加し、または講義の動画等を閲覧し、所定の期限までにレポートを提出すること。
(3) 受講料を所定の期限までに納入すること。
(4)退塾する場合は、速やかに事務局へ通知すること。その場合、受講料は返還しない。

第7条(塾生及び卒塾生の義務)
(1) 本塾の許諾なく、「都民ファーストの会」「希望の塾」及び「小池百合子」の名称・画像等を政治活動・選挙運動における文書図画に使用しないこと。

第8条(規律)
塾生に虚偽の入塾申込、本規約への違背あるいは社会的非行がある場合、本塾は塾生に対して除籍措置を講じることができる。その場合において既納の受講料は返還しない。卒塾生にもこの規定を準用し、本塾は卒塾資格を抹消することができる。

第9条(受講料)
本塾の各期における受講料は、性別、年齢、社会的属性等に応じて、事務局が別に定める。

第10条(委任)
本規約に定めなき事項は、事務局が別に定める。

第11条(改正)
本規約の改正は、「都民ファーストの会」の役員会の議決をもって行う。

付則 本規約は、2016(平成28)年10月1日に発効する。

よくあるご質問

Q.お問い合わせや申し込み後の確認メールが届きません。
A.迷惑メール対策等で、メールが正しく届かないことがあるため、info@koikejyuku.tokyoからのメールが受信できるよう設定をお願いしております。また、迷惑メールフォルダに入っている場合もあるためご確認ください。
Q.都政に関する知識がないため課題の作文が書けません。
A.作文の内容は自由ですが、専門知識を問うものではありません。仕事、子育て、介護など生活に身近なテーマはたくさんありますので、ご自身の経験をもとにお書きいただければと思います。
Q.東京都在住ではありませんが、入塾は可能でしょうか。
A.もちろん、可能です。現在も日本全国からお申し込みをいただいております。
Q.政治家志望ではありませんが、応募しても大丈夫でしょうか。
A.もちろん、大丈夫です。すでに政治家志望以外の方から多数のお申し込みをいただいております。都知事選ではじめて都政に関心を持たれた方からもご応募をいただいておりますので、お気軽にお申しこみください。
Q.遠方のため、講義に出席できません。
A.塾生限定でのインターネットによる映像配信を予定しておりますので、講義に出席いただけない場合もオンラインで受講していただけます。また、アーカイブの閲覧もできるよう調整中です。
Q.聴覚障がいを持っていますが、受講に支障はありませんか。
A.講義当日は情報保障を行う予定です。希望される場合は当日の受付へお伝えください。
Q.今後のスケジュールや講師の情報などを教えてください。
A.スケジュールや講師に関しては現在事務局で調整しております。ホームページに記載されている情報は常に最新の決定事項なので、ご確認ください。
Q.ボランティアとしてご協力できる事はありますか。
A.現状では募集をしておりません。ボランティア募集の機会があれば塾生の方から優先的にお声がけさせていただきます。
Q.写真のアップロードがうまくいきません。郵送でも大丈夫でしょうか。
A.jpg形式の写真を添付していただくことをお願いしております。また、Windows XPなどサポートが終了しているOSではお申し込みいただけない場合があります。募集要項に記載がございますが、インターネット上での申し込みが難しい場合、郵送も受けつけております。
Q.小さな子どもがいるため受講を躊躇しています。
A.塾生にご利用いただける託児サービスを予定しております。入塾の際にご案内させていただきます。
Q.追加募集(11/18締切済み)に応募しましたが、合否がまだ届きません。
A.11月28日(月)午後、追加募集の入塾審査結果を、応募の際申請いただいた住所宛てに「郵送」いたしました。(普通郵便ですので、到着までに数日を要する場合があります)通知を確認し、入塾内定の方は手続きをお願い致します。応募した方で結果が届かない場合(あるいは、応募時から結果通知までの間に住所が変更となった方)は、応募時に申請した【氏名・住所(住所変更の場合は、併せて新しい住所)・電話番号・メールアドレス】を明記し、件名を【追加募集結果未着】として「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。事務局で確認後、結果通知を再度「郵送」いたします。審査結果について、電話やメールでのお問い合わせにはお答えできません。また、審査内容や基準についてのご質問にはお答えしておりませんので、予めご了承ください。
Q.初回を欠席します。欠席のご連絡は必要でしょうか。その場合には提出書類は郵送する必要がありますか。
A.欠席のご連絡は不要です。次回の講義の際にお持ちいただければ問題ありません。
Q.減免や分納などはご検討いただけないでしょうか。
A.事務手続きの関係で承っておりません。一括のお支払いをお願いしております。
Q.期日までに入金手続きが間に合いません。
A.ご入金が証明ができる資料をお持ちいただくか、当日現金でのお支払いも承っております。
Q.ネット配信の時間と、メールで通知された開塾式の時間が異なります。
A.ネット配信の時間とご参加いただく開塾式の時間が異なる場合があります。メールで通知された開塾式の時間にお越しください。
Q.info@koikejyuku.tokyoへメールをしても返信がありません。
A.送信用のアドレスとなっております。お手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。
Q.塾生から懇親会や勉強会などの情報が流れていますが公式のものでしょうか。
A.公式に発表させていただいたイベント以外事務局は一切関わっておりません。名刺交換やSNSでの交流に関しても同様で自己責任でお願いします。
Q.Facebookグループへの参加を希望しているのに承認されません。
A.お申し込みいただいたお名前とFacebookアカウント名が異なる場合は対応できない場合があります。その場合は事務局へご連絡ください。
Q.写真の郵送に関して11月19日(土)必着より遅れてしまいますが大丈夫でしょうか。
A.12月10日(土)第三回希望の塾会場での「塾生証お渡し」には間に合いませんが、お預かりします。出来上がり後に開催される希望の塾会場(第四回以降)でのお渡しとなりますのでご了承ください。